子どもに読ませたい漫画の感想、レビュー

3人の子を持つ漫画好きの父親が、これまでの読んだ1万冊以上の漫画の中から子どもに読ませたい漫画を紹介します。

赤ちゃん用の本が絵本から始まるように、文字だけでなく絵でも情報を伝えてくれる漫画は子どもが情報を吸収するためにはとても便利な媒体です。子どもに読ませたい(読ませたくないと思ったものも含め)漫画を感想・レビューとともに紹介します。
漫画の簡易評価をカテゴリとして整理していますので、お勧め漫画から見たい方はカテゴリもご参照ください。

  • お勧め度: ☆☆☆☆(殿堂入り)
  • 対象年齢: 10歳以上(小学校高学年から読ませたい)
  • 初発表年: 2012年
ansatsu

予定通り&引き伸ばしなし

異能の先生による「教育」の結果、落ちこぼれとされていた生徒達が成長していく物語です。感動のフィナーレでは年甲斐もなく目に涙が浮かんでしまいました。

最近の連載漫画は人気が出てくると引き伸ばされたり、人気が落ちてくると打ち切られたりと作者の想定どおりに完結できることは多くないと思いますが、「暗殺教室」は数少ない最後まできれいに終わった漫画です。20巻の作者コメントによると、「連載開始時からはっきりと見据え、はっきりと目指してきた場面」とのこと。すばらしい終わり方でした


あらすじ

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に防衛省の人間と、人間ではない謎の生物がやって来た。マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。
(中略)
しかし、いざ授業が始まってみると暗殺者と標的という異常な状況ながら、多くの生徒たちは殺せんせーの指導と手入れによってこの暗殺教室を楽しみ、今までの「学校中から差別された底辺学級」としてではない前向きな学校生活を送るようになっていく。その一方、生徒の他にも殺せんせーを暗殺するため、世界中から暗殺者が送り込まれてくるのだった。

押し付けがましくないメッセージ性

先生が教育をして生徒を育てていく物語なので、実はかなりのメッセージ性が含まれています。

「暗殺」という物騒なタイトルなのですが、実は命の大切さを訴える物語だったりしますし、他にも「成長するには本気にならなくてはいけない」「外見よりも中身が大事」「自分の武器を磨け」などなど子ども達に伝えたいメッセージがちりばめられています。

そんなメッセージがあるにもかかわらず、押し付けがましくも説教くさくもないところがこの漫画の魅力の一つだと思います。

子ども達の反応は

テレビアニメでも見ていたこともあり、特に上の子二人(中三と小五の男子)は何度となく読み返してみているようです。

影響を受けて、物事に真剣に取り組み、自分の武器を磨いてくれればいいのですが...ひっくり返ってマンが読んでいるだけじゃ何の武器も磨かれないかなぁ。

まぁ、漫画を買い与えているのは僕なんですけど...。

  • お勧め度: ☆☆☆(何度でも読みたい)
  • 対象年齢: 15歳以上(この良さは子どもには伝わりにくいかも)
  • 初発表年: 2007年
kawamoto

成長の物語

少年棋士が主人公の将棋漫画と見せかけて、将棋はただの味付け。メインは孤独を抱えた少年です。

実在の人間に完璧な人間はいないように、主人公を含めた登場人物は何処かに問題や孤独感を抱えています。物語の当初は孤独でやるせない印象なのですが、周囲の人との温かい交流を通じて、皆が成長していく心理描写が素敵な物語です。

2016年10月からテレビアニメ化され、2017年3月には映画がリリース予定など、のりに乗っている漫画です。


あらすじ

少年・桐山零(きりやま れい)は、幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士、幸田に内弟子として引き取られ、15歳で将棋のプロ棋士になった。幸田の実子との軋轢もあり、六月町にて1人暮らしを始めた零は、1年遅れで高校に編入するが、周囲に溶け込めず校内で孤立し、将棋の対局においても不調が続いていた。
自らの境遇を停滞していると感じていた零は、ある日先輩棋士に無理やり付き合わされたあげくに酔いつぶされ、倒れてこんでいたところを介抱されたことがきっかけで、橋向かいの三月町に住む川本家と出会い、夕食を共にするなど交流を持つようになる。

我が家の子ども達の評価は

心理描写が中心で、絵の雰囲気とあいまって全体に優しい穏やかな雰囲気の漫画だからか、我が家の男子に評判はあまりよくありません。一方、我が家の女子には「絵がかわいい」と、中身はともかく好評。この心理描写のよさに気づくにはもう少し年を重ねないといけないかもしれません。

個人的には...

12巻の表紙にもなっているあかりさんがいいなぁ。いろんな意味で w

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

  • お勧め度: ☆☆(受験するなら一度はどうぞ)
  • 対象年齢: 10歳以上(受験する子におすすめ)
  • 初発表年: 2003年

世の中はルールで出来ている

中学受験、高校受験、大学受験。今の子ども達は受験というふるいにかけられる機会が何度もあります。

ドラゴン桜は受験というフィルタはあるルールで作られているので、頭の良し悪しだけでなく、そのルールを上手く攻略することがポイントだと教えてくれる漫画です。そして、ルールで作られているということは受験だけでなく世の中全てに共通しているのです。

あらすじ

元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)は、経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校の運営問題を請け負うこととなった。
始めは精算を計画していた桜木だったが、破綻を回避し経営状態を良くするためには、進学実績を上げるのが手っ取り早いと考え、5年後に東大合格者100人を出す計画を考案する。
かつて受験指導に大きな実績を上げた個性溢れる教師を集めながら、開設した特別進学クラスに人生を諦めかけていた水野直美(みずの なおみ)と矢島勇介(やじま ゆうすけ)を迎え入れた桜木は、彼らに様々な受験テクニックや勉強法を教えていく。

ルールを巡る生き方

ドラゴン桜の中には

社会のルールってヤツはすべて頭のいいやつが作っている。そのルールは頭のいいやつの都合のいいように作られてるんだ。逆に都合の悪いところは分からないように隠してある。それでも頭を働かせるやつはそこを見抜いてルールを上手に利用する。つまり頭使わずに面倒くさがってると一生だまされて高い金払わされるんだ。だまされたくなかったら…損して負けたくなかったら…勉強しろ

という台詞があります。極論ではありますが、ある意味真実だと思います。ルールを作る側に回るか、ルールに従う側になるのか、ルールからかけ離れた生き方をするのか。大きく三つある選択肢ですが、子ども達にはどういう道を選ばせたいでしょうか。

ルールを作る側やルールからかけ離れた生き方をさせたいなら、一度はこの漫画を読ませておきたいです。

受験のノウハウ本として

受験のノウハウ本としてドラゴン桜を読んでみると

  • マインドマップによる記憶方法(作中ではメモリーツリー)
  • 英語の歌で例文を覚える
  • 数学は問題と回答を一緒に見ることで数をこなせる
などなど。様々なノウハウが出てきます。ドラゴン桜に出てくる勉強方法が全てとは思いませんが、受験に向けてどういう勉強をしたらいいのか分からない子には大きな指針になると思います。

ドラゴン桜から派生した参考書まであるくらいです。

絵は微妙...

受験に向けたノウハウとして中身はかなり充実しているのですが、絵は正直微妙です。
heta
こんなのがちらほらですから...。絵には期待せずに読んでください。

↑このページのトップヘ