子どもに読ませたい漫画の感想、レビュー

3人の子を持つ漫画好きの父親が、これまでの読んだ1万冊以上の漫画の中から子どもに読ませたい漫画を紹介します。

赤ちゃん用の本が絵本から始まるように、文字だけでなく絵でも情報を伝えてくれる漫画は子どもが情報を吸収するためにはとても便利な媒体です。子どもに読ませたい(読ませたくないと思ったものも含め)漫画を感想・レビューとともに紹介します。
漫画の簡易評価をカテゴリとして整理していますので、お勧め漫画から見たい方はカテゴリもご参照ください。

  • お勧め度: ☆☆☆(気に入ったレシピは何度でも)
  • 対象年齢: 6歳以上(小学校低学年から作れるレシピも)
  • 初発表年: 1985年
papa

食べるのは生きる基本

生き物たるもの、食べないと生命を維持することが出来ません。ということで、食事や食べ物にかかわることは我が家では結構重要視しています。

子どもと一緒に畑を耕してみたり、釣りに行ったり、買い物に行ったり、料理をしたり。そんな風に子どもに食への興味を持ってもらうための本がクッキングパパです。

文庫版のほかにも、いくつかのレシピを抜粋した本が出ているので、まずはそちらから購入するのもお勧め。僕も最初は、「このアゴは何だ...」と絵柄だけで読まず嫌いでした。

家族構成もちょっと似ているかも

我が家も共働きで、どちらかというと妻の方が仕事の波が多く、料理はあまりで得意でありません。我が家の場合は間にもう一人いるのですが、お兄ちゃんが一番上で、少し年の離れた妹がいたり、この漫画の主人公である荒岩家には共感がもてます。

作って食べられる料理漫画

料理漫画といえば、ミスター味っ子とか美味しんぼとか、包丁人味平とか、色々あるのですが、漫画に描かれたレシピをそのまま安心して作れる漫画って、あんまり多くありません。

あんまりに奇抜なので、再現レシピがネットで話題になるような漫画だってあります。

その点、クッキングパパは比較的安心して見る事・作ることが出来ます。たまに奇抜なレシピもまぎれていたり、レシピどおりにすると結構味が濃い傾向があるので注意が必要ですが。

結構なボリュームがあります

この漫画は1985年から連載をしているということで、2016年9月現在で138巻も出ており、かなりのボリュームがあります。長い分、絵柄が徐々に変わっているのも楽しめるのですが、一気に買い揃えるのはなかなか大変です。

おすすめなのかクッキングパパ 漫画文庫 全12巻完結セットです。我が家もまずはこの文庫本から入りました。(というか、文庫本しかないです)

低学年には厳しいけど

クッキングパパはモーニングという青年誌に連載されているからか、やさしい漢字にはふり仮名がふられていません。低学年の子が読むのはちょっと厳しいようです。

それでも、我が家の小一長女はこの漫画をぱらぱらとめくっては、「今度これ作るー」と言って一緒に作ったりしています。漫画の中でも、小さい子が料理をしていますし、お子さんが料理に興味を持つにはちょうど良い漫画かもしれません。

願わくば、コミックよりも大きな版で漢字にはルビ付で、子どもでもできる料理を特集した冊子が出るといいんですけどね。

  • お勧め度: ☆(時間とお金に余裕があれば)
  • 対象年齢: 15歳以上(微妙に性的描写があるので中学生以上推奨)
  • 初発表年: 2000年
yoshitune

義経は実は別人だった?

実は、軽業師の子どもが義経と入れ替わっていた。という奇想天外なお話です。でも、おおよそのストーリーは史実を追いかけていくので、源平時代を身近に感じるには良いのではないかと手にとってみました。

ある意味、史実どおりといえば史実どおりにハッピーではない結末に向かって話が進んでいきます。

ちょっと長いかな...

旅芸人が義経として生きることを決意し、奥州で力を蓄えるまでが遮那王 義経 全22巻。その後、物語が盛り上がってくる源平の合戦が全29巻と、合わせると50巻を超えるかなりの大作です。

ただ、前半は5人の家来を召抱えるまでのストーリーが間延びする感じで、後半はせっかく召抱えた5人があんまり活躍する場もなく義経一人の世界(平家物語通りといえばそうなんでしょうが)。いっそもっと漫画チックに源平の合戦でも5人の家来をバリバリ活躍させたらエンターテイメントとして面白かったんでしょうか、中途半端な印象です。

武蔵坊弁慶は「忠の者」だとか、伊勢三郎能盛は「勇の者」のとか、TBSあたりがつける妙なキャッチコピーみたいなのを付けたのに、ストーリーにあまり絡んでこないのが残念でした。

子ども達の反応は

中学生の長男は最後まで読み通し、また、それなりに面白かったようですが、小五の次男にはちょっと早かったかも。

ストーリー的にも、少ないとはいえ性的描写が出てきたりもするので、小学生にはあまり向かないかもしれません。

残念ながら合いませんでした

残念ながら、我が家にはあまりあわない話でした。ネット上で評価を見ると、決して低い漫画ではないので、はまる人にははまるのだと思います。

せっかく買ったのですが、この漫画は売りさばいちゃおうかな。

  • お勧め度: ☆☆(一度は読みたい。剣道やるなら何度でも)
  • 対象年齢: 6歳以上(剣道に取り組む全ての人へ)
  • 初発表年: 1981年
musashi

元剣道少年の愛読書

僕が子どもの頃、テレビアニメが放送していてファミコンゲームになって、剣道をかじるきっかけになったが漫画が「六三四の剣」です。

部活でも剣道を選んだ中学校時代に、古本屋でコミックを買い揃えたんじゃなかったかなぁ...。


ストーリー

剣道岩手県大会を制した夏木夫婦の元に男の子が生まれる。誕生日時が6月3日の午後4時であることから[1]、六三四と名付けられた。六三四は両親の影響から、3歳の時に剣道を始める。六三四が小学校1年生の時、父親の栄一郎は、出場した剣道大会にて優勝を手にしたものの、自身の先輩である東堂国彦との試合中に負った傷によって死亡。東堂への恨みを抱いた六三四だったが、その息子であり最大の好敵手となる東堂修羅と互いに切磋琢磨し、剣道を通して成長してゆく。

懐かしく読み返しました

長男が小学校に入った頃でしょうか、捨てられずに実家に眠っていた「六三四の剣」を持ち帰り、子どもに読ませつつ、自分でも読み返してみました。

当時は全く意識していませんでしたが、作者の村上もとかさんは、この後、「仁」などのより年齢層が上の青年漫画を描かれているんですね。

子どもの頃は少年剣士の視点だったからかライバル達との対決にばかり目が行き、修羅の親父大嫌いと毛嫌いしてました。しかし、大人になって読み返してみると、修羅の父東堂 国彦を含め、子ども達を見守る大人たちに深く感情移入してしまいました。

六三四も今は、学校の先生になって当時よりも過疎化が進んだ山村で剣道を教えているのでしょうか。


ちなみにわが子の反応は

長男、次男ともに何度か手にとって読んでくれたみたいです。長男は一度、剣道道場の見学にも連れて行きました。でも、「怖い...」とへたれ長男はしり込みしてしまい断念。

次男はとっととサッカークラブに入ってしまい...時代はサッカーですかね。キャプテン翼 がサッカーブームを引き起こし、SLAM DUNK(スラムダンク) がバスケットボールブームを引き起こしたように、剣道漫画が流行れば剣道ブームも来るのかなぁ。今回、他にも剣道漫画は探してみましたが、いまだにこの六三四の剣を超える剣道漫画はありませんでした。

↑このページのトップヘ