子どもに読ませたい漫画の感想、レビュー

3人の子を持つ漫画好きの父親が、これまでの読んだ1万冊以上の漫画の中から子どもに読ませたい漫画を紹介します。

赤ちゃん用の本が絵本から始まるように、文字だけでなく絵でも情報を伝えてくれる漫画は子どもが情報を吸収するためにはとても便利な媒体です。子どもに読ませたい(読ませたくないと思ったものも含め)漫画を感想・レビューとともに紹介します。
漫画の簡易評価をカテゴリとして整理していますので、お勧め漫画から見たい方はカテゴリもご参照ください。

  • お勧め度: ☆☆☆☆(語り継ぎたい一冊)
  • 対象年齢: 10歳以上(わかりにくいかも)
  • 初発表年: 2007年
夕凪の街

概要

「夕凪の街」は、1955年(映画・小説版では1958年)の広島市の基町にあった原爆スラム(「夕凪の街」)を舞台にして、被爆して生き延びた女性の10年後の、心の移ろう姿と、原爆症に苛まれるという当時の広島市民を突如襲った現実を描く。
「桜の国」は、第一部と第二部に分かれている。主人公は被爆2世の女性。第一部は1987年の春、舞台は東京都中野区および当時の田無市。第二部は2004年の夏、舞台は西東京市および広島市など。映画・小説版では、第二部(2007年の夏)を中心に(※第一部は回想シーンの1つとして)再構成されている。
「夕凪の街」と「桜の国」第一部・第二部の3つの話を通して、3世代にわたる家族の物語が繋がっている。三編とも、主人公に思い出したくない記憶があり、それがふとしたきっかけで甦る・・・という底流を共有しつつそこで終わらず、原爆に後世まで苦しめられながらも、それでもたくましく幸せに生きてきた戦後の日本人を描いている。「一般庶民にとっての原爆」を真正面から扱った作品ではあるものの、原爆当日の描写はわずか数ページしかなく、原爆の重い影を背負いつつ過ぎていく日常を、あくまで淡々と描写するスタンスを取っている。
大江健三郎の『ヒロシマ・ノート』などを参考にあげており、タイトルは広島出身の作家大田洋子の原爆と原爆スラムの人たちに関するルポルタージュ的な小説作品である「夕凪の街と人と」と、太平洋戦争直前の小説家デビュー作「櫻の國」を下敷きにしているが、内容的にそれらとの直接の関連はなく、登場人物に特定のモデルが存在しているわけではない。ただし前者については「原爆スラム」が舞台になっている点で共通している。これに対し後半部と「櫻の國」との関係はタイトルが同じという以外の共通点はない。

短編集です

「夕凪の街 桜の国」は共通した家族が出てきますが、被爆者が主人公である「夕凪の街」と、その姪たちが主人公の「桜の国」の二本の短編集です。被爆者がテーマとなっていることもあり、気楽に娯楽として読める漫画ではありません。

わかりにくい点も

唐突に現在と過去とを飛んだり、登場人物の顔の違いがよくわからなかったり、登場人物の関係性がよくわからなかったり、コマ割の順番がよくわからなかったりと、初見ではわかりにくい点もある漫画です。ただ単に僕の読解力がないだけかもしれませんが。

でも、わかってくると、その説明の少なさが余韻というか想像の幅を膨らませてくれます。漫画でありながら、小説的な漫画とでも言うのでしょうか。

被爆者の感じる後ろめたさ

「夕凪の街」の主人公は被爆者です。被爆から10年後のヒロシマを舞台として、被爆して生き残った人が感じている後ろめたさが描かれます。そして最期も。

被爆した過去に触れずに淡々と過ごす日常。過去に触れられない背景にある「生き残ってしまった」という後ろめたさ。胸がぎゅっと締め付けられます。

過去と向かい合う被爆二世

「桜の国」では、被爆者や被爆二世への偏見の目が描かれつつも、登場人物たちは前向きに過去と向かい合おうとしています。

三人の姉を亡くした父親は、姉の足跡を知るためにヒロシマを訪れます。恋人が被爆二世であることを理由に、結婚に反対された子はヒロシマを訪れ、原爆の足跡を目にします。そして、その上で前向きに生きて意向とします。

結論はそれぞれが

「夕凪の街」へのあとがきとして「このオチのない物語は、三五頁で貴方の心に沸いたものによって、初めて完結するものです」と書いていますが、まさにそのとおりの物語でしょう。

唯一の被爆国として、被爆者の悩みを知ること、被爆者をはじめとした偏見と差別の目を知ること。長く語り継いでいきたい漫画です。うちの子もヒロシマに連れて行かないと。


ちなみに、広島のお好み焼きははぜやが一押しです。

  • お勧め度: ☆☆(山の魅力と怖さと)
  • 対象年齢: 15歳以上(エグイ姿もたくさん)
  • 初発表年: 2003年
岳

作品概要

若くして世界の名峰に登頂し、アメリカで山岳救助経験を積んだあと、日本へ戻り主に北アルプスで山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩。そのもとに、椎名久美が長野県警山岳遭難救助隊の新人としてやって来る。
救助隊チーフの野田とボランティアの三歩の指導を受けて訓練、救助をこなしていた椎名だが、実際の現場で遭難者を救うことが出来ない現実に自信を失っていく。そのような厳しい環境にありながらも、なぜ人は山に登るのか、救助を続けるのかを問い続け、様々な現場を経験することで、他の隊員と共に山岳救助のプロとして成長していく。
救助活動の他にも、県警警備隊関係者への訓練などを通して山の安全に関わる人々や、山を訪れる人々との交流を描いている。主な舞台は北アルプスでも最も人気であるとされる、穂高岳、槍ヶ岳周辺、他に長野県松本市を中心に話が進む。

新の主人公は遭難者

「岳」は基本的に一話完結の山岳救助物語です。遭難事故を中心とした、さまざまな山をめぐる物語が展開していきます。全話を通じて登場する登山家であり山岳救助ボランティアである島崎三歩が主人公のようにも見えますが、一話一話を見ると、真の主人公は遭難者たちだと思います。最終章だけは違いますが。

僕自身はちょこっとだけ登山をかじっていますが、島崎三歩は、僕の常識からかけ離れた超人です。そのため、どうしても遭難者目線で読んでしまうからそう思うのかもしれませんが。

三歩

山の怖さ

「岳」は山岳救助の物語ですので、自然の厳しさ、救助できなかった命、目の前で失われていく命がたくさん出てきます。そういう意味では、かなりシビアな物語です。

山は美しいけれども恐ろしいものだということが伝わってきます。でも、これってものすごく大事なことなんです。

僕自身も、19時を過ぎ、暗くなった富士山を懐中電灯も持たずに下山している家族連れに会ったことがあります。予備のヘッドライトを渡し、その後、遭難情報はなかったので無事に下山できたと思いますが。山は、自然は、怖いものでもあるんです。

山の魅力

でも、山は怖いだけのものではありません。僕が文章化すると陳腐な表現になってしまうのですが、自然の壮大さ、都会での生活とは違う非現実感、疲労の先にある達成感といったさまざまな魅力があります。

「岳」はそんな山の魅力も伝わってくる漫画です。危険なだけで何の魅力もないところに、好き好んでいく人はいません。

個人的には子どもたちにも山の魅力を伝えたいんですが...最初に連れて行った山で雨にあって大変な目にあってしまったので、一緒に行ってくれないんですよねぇ。うちの子ども含め、山の魅力も怖さも知ってもらうために読んでほしい漫画です。


賛否両論な終わり方

15巻から最終章に入るのですが、ネット上でもこの最終章からは賛否両論です。ネタバレ禁止を課しているので、詳細は書きませんが、個人的にはもっと違うエンディングがなかったのかな...と思います。

この終わり方だからこそ伝わるメッセージもあるのですが。

  • お勧め度: ☆☆(今の子には微妙かなぁ)
  • 対象年齢: 10歳以上(ロト物語好きなら)
  • 初発表年: 1991年
ロトの紋章

あらすじ

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、2つに分かたれたロトの紋章を代々伝えてきた。また、アレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。
ゾーマが倒れて100年。世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。
魔王軍に襲われたカーメン城は陥落してしまうが、産まれたばかりの王子であるロトの子孫アルスは家臣の手により救出され、魔のものの近づけぬ聖域へとかろうじて逃げ延びる。カーメンの王子の懐柔に失敗した魔王軍の襲撃を受けたローラン城も陥落し、産まれたばかりの王子は邪の名前を与えられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとして育てられてしまう。
アルスが聖域に匿われて10年の月日が過ぎた頃、聖域にも魔王軍の魔の手が及び始める。アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

もうひとつのドラクエ漫画

ゲーム「ドラゴンクエスト」を舞台にした漫画といえば、ダイの大冒険がメジャーですが、ゲームも出したエニックスによる漫画化がこの「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」です。

ロトの紋章の世界は、DQ3の世界地図そのままですし、時代的にもDQ3とDQ1の間のストーリーなので、ダイの大冒険と比較をすると、よりゲームの世界を残した漫画です。それでも、ドラゴンクエストシリーズの正史には入っていないんですが。

どちらかというと大人寄り

「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」は、ゲーム「ドラゴンクエスト」の1から3までを楽しんでいないと、世界観を含め、十分に楽しめない点もあるかもしれません。

掲載誌が大人をターゲットとしていたこともあり、絵柄や登場人物が容赦なく死んでいくストーリーもダイの大冒険よりは大人寄りといった感じです。主人公ですら命を落としますし、主人公の師匠であるルナフレアとか...。

ストーリーは王道

ストーリー自体はゲームのドラゴンクエストのような王道ストーリーです。勇者の血を引く主人公が3人のケンオウ(剣王、拳王、賢王)を集め、さまざまな試練を通じて強くなり、魔王を倒します。特に引き伸ばしもなく、きれいにまとまっています。

そんなストーリーに味を添えるのが、ストーリーの要所要所で登場し、主人公と同じく勇者の血を引くジャガンというライバル。主人公である勇者アルスとジャガンとの最初の戦いでは、勇者アルスのあまりのへたれ具合が目も当てられないほどでしたが、周囲の支えもあって勇気を取り戻し、強くなっていきます。

全体を通じて、大どんでん返しや、あっと驚く展開はほとんどないのですが、なんていうんでしょうか、そういう点も含めてまさにドラゴンクエストな漫画です。

合体魔法

合体魔法!

この漫画の中で、オリジナル要素ではあるのですが、個人的には合体魔法が好きです。当時、風の魔法バギと炎の魔法ギラを組み合わせたバギラなどを見て、自分なりの合体魔法をいろいろ考えて、自由長の片隅に空想した記憶がよみがえります。 われながら空想大好きな子でした。


続編も出ていますが

前作から四半世紀をあけた2004年からは、「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜」という続編も連載されています。

何か大人の事情があったのか、続編では「ドラゴンクエスト」の要素が薄まっている気もしますが、これはこれで面白いです。というか、ゲームや前作が好きだったので惰性で読み続けている点もあるかもですが...


↑このページのトップヘ